夏目漱石の性格と病気を名前で見る

 1867年2月9日(慶應3年1月5日)生  江戸牛込馬場下横町(東京都新宿区喜久^_^井町)出身。 
本名、夏目 金之助(なつめ きんのすけ) 帝国大学(現在の東京大学)英文科卒業
愛媛県尋常中学校教師 熊本で第五高等学校教授などを務めた後、イギリスへ留学、帰国後、東京帝国大学講師となります。
英文学を講じながら、『吾輩は猫である』をを雑誌『ホトトギス』に発表することで評判となり、『坊ちゃん』などを書く。
            
         夏目漱石(なつめ そうせき)
  
夏目.png

         漱石の略歴
 漱石は子供の頃、養子に出されるなど、苦労がたえませんでしたね。
ちなみに、漱石と言う名前は、自ら若い時から、時々使用していた様です。
1890年(明治23年)23歳の時、創設間もない帝国大学(後の東京帝国大学)英文科に入学しました。

この頃から、厭世観(悲観主義)、精神衰弱に陥り始める。
少し前、1887年(明治20年)3月に長兄・大助死亡。 同年6月次兄 夏目栄之助死亡。
1891年(明治24年)には三兄夏目和三郎の妻発世が死亡。近親者が次々と死亡する事が影響したものと考えられます。

1893年(明治26年)帝国大学(現東京大学)を卒業し、高等師範学校英語講師になる。しかし、肺結核など、身体の問題から、極度の精神衰弱となってしまう。

1900年(明治33年)5月、文部省より英国留学を命じられる。
しかし、留学したものの、以前から英文学が性に合わなかったため、ここでも精神衰弱に陥ってしまいます。
英国から帰国後、1903年(明治36年)3月3日に本郷区駒込千駄木町57番地に転入する。
4月に大一高等学校と東京帝国大学の講師となる。しかし、その分析的な硬い講義は不評であった。
やる気の無い生徒、藤村操を叱責すると、数日後、その生徒が華厳滝に入水自殺してしまい、そのためか、漱石は、またまた、神経衰弱になってしまいました。 良くなったり、悪くなったり、でしょう。

1905年(明治38年)『ホトトギス』に『吾輩は猫である』を投稿して好評を得る。これが、漱石の作家への道となって行きます。
  
1907年(明治40年)には、朝日新聞に入社するなどして、本格的に職業作家としての道を歩み始めました。

 しかし生涯、精神的な病に苦しんだようです。 最期、死因は、胃潰瘍でした。

          姓名判断分析

  本名、夏目金之助、全体的には、吉画で、強い様です。

名は『金之助』初画で18画、吉画。 健康でスポーツマンタイプ。パワフル。自分で問題を解決していく。

最も重要な人画(内画)は13画、吉画。 頭脳明瞭。学歴社会では、高い位置。仕事も良く、高いポストを得ます。

総画33画、特殊画。帝王的強さ有り、時に傲慢。  
これを見ると漱石は、元々は、非常に能力があり、強い性格のようです。

一方で、外画、対外、対人関係は20画の凶画。 誘惑に弱く、ズルズルと深みにはまる可能性。 せっかくの良い友人を大切にしない。

強い性格で自らを切り開く能力がある一方で、外からの誘惑に弱い性格.相反したものが共存。 これが精神のバランスを崩しているのでしょうかね。

  次に有名なペンネームと言ってよいのでしょうか、夏目漱石はです 。

下から、初画(地画)、人画(内画)共に19画、凶画。 凶画ですので、良い事は無いでしょうが、一番下のの初画(地画)の19画は、神経過敏、病弱、挫折の暗示。自分の世界を確立。

一番重要な時期である人画(内画)の19画は、集団生活苦手ながら、芸術、教育、宗教、政治などでは活躍。 まさに夏目漱石の世界を確立。

外画は、天画と同じ15画、大吉。広い交際範囲。良い人脈。貿易、情報関連。外国との関連。 漱石は、東京出身ですが、熊本、愛媛に移っています。海外では、イギリスに留学。他郷に行っています。

総画、34画、凶画。 運命の波が激しい。 自分や身内が病気、不幸、災難が続く。 漱石が、精神的バランスを崩す原因でしょうか。身内がたて続きに不幸になる暗示(事実、漱石の身内は、そうなった)。 『夏目漱石』と言うペンネームが暗示しているのでしょうか。

名前を改名したり、新しい名前が付いたりすると,そういう現象が起こったり、見えたりしますね。 
名前が付いたから、そういう事が起こったのか、運命がそうなっているから名前が付いたのか。 ニワトリが先か、卵が先かです。

本人の場合は、改名したため起こる可能性ありますが、他人は、それぞれの運命がありますからね。何ともいえませんが。
しかし、こう言う所が名前の不思議。

 名前は、あくまでもですので、全然本人と合致しないこともあります。 そのため、良く調べもしないで、姓名判断はデタラメだと言う人がいます。
 だから、たくさんの人を検証することが重要です。 ブログは、真に、打ってつけですね。

この記事へのコメント