太宰治

にほんブログ村 その他趣味ブログ 姓名判断へ
にほんブログ村


 太宰治【39歳没】は、【1909年(明治42年)6月19日~1948年(昭和23年)6月13日】、日本の小説家です。

本名は、津島 修治(つしま しゅうじ)。自殺未遂や薬物中毒を克服し戦前から戦後にかけて多くの作品を残しました。

没落した華族の女性を主人公にした『斜陽』はベストセラーとなる。 主な作品に『走れメロス』 『津軽』 『お伽増紙』 『人間失格』などがあります。

      子供の頃 

青森県北津軽郡金木村(後の金木町、現在の五所川原市)に、県下有数の大地主である父津島源右衛門と母種(夕子)の六男として生まれる。
父は、衆議院議員、貴族院議員等を務めた地元の名士。

学生時代は、旧制青森中学校、旧制弘前高等学校に入学しました。 その頃から、芥川龍之介などの小説に興味を抱くようになりました。
そして、自ら同人誌などに、作品を発表する。作家を目指さす。

1930年(昭和5年)、東京帝国大学文学部仏文学科に入学するが、在学中に自殺未遂を図るなど、問題行動を起こす。
在学中に、芸者、小山初代と結婚する。

      創作活動

 1933年(昭和8年)、『サンデー東奥』(2月19日発行)に『列車』を生涯のペンネーム太宰治の名で発表する。

1935年(昭和10年)『逆行』を『文藝』2月号で発表。 授業料未納で、大学は除籍。
『逆行』が大1回芥川賞候補となるも落選。

そして、次々とすぐれた作品を発表するも、女性と自殺未遂を図るなど、私生活は乱れていました。

      

1948年(昭和23年)6月13日に玉川上水で、愛人山崎富栄と入水自殺。 
二人の遺体は6日後の6月19日、太宰の誕生日に発見される。  この日は彼が死の直前に書いた短編『桜桃』にちなみ、太宰と同郷で生前交流のあった今官一により、『桜桃忌』と名付けられました。

太宰は精神不安定で、私生活も乱れ、自殺とは、切り離せないものでした。
それだから順風満帆の人生よりも、優れた小説を書けたとも言えるでしょう。

では、名前を見てみましょうかね。
作品には、色々な名前(偽名)を使っていますが、ペンネーム、太宰治と本名津島修治の2つで良いでしょう。

   太宰治

太宰.png

 太宰治の本名は、津島修治で、当然、子供の頃の苗字は、津島です。 津島19画、凶画。苗字は先祖から受け継いだもので、どれくらいの凶かは、判りません。
ですが、下から見て行くと、「修治」地画(初画)が18画の吉画。健康でスポーツ得意、エネルギッシュ、パワフル。

この8系統のパワフル、勤勉、努力は 、ペンネーム『太宰治』にも受け継がれています。
地画(初画)8画、最も重要な人画((内画)18画。パワフルに小説を書き続かたのでしょう。

ただ、本名の『津島修治』では、最も重要な人画(内画)は、20画の凶画。 ヒステリックになりやすく、不平不満が多く、家庭に影響しやすいようです。『太宰治』に変えることで、中年期、一番重要な時期が良くなっています。
それによって、総画、外画が悪くなりました。

ペンネーム『太宰治』の場合、総画22画、晩年になるほど、悪くなり、うまくいきそうで、いかない。
破産や思いがけない病気、事故に合いやすい。犯罪に巻き込まれる暗示。
 外画12画、対人関係も良くなく。22画も12画も孤独になりやすい。挫折。  名前の変化は運命でしょうか。


本名の『津島修治』の場合、総画は、37画吉画。 確実にノルマをこなす。安定を得る。大器晩成型。

ペンネーム太宰治で、中年期が良く成った分、晩年が不運になったのでしょうか。

本名『津島修治』、ペンネーム『太宰治』どちらも一長一短。

この記事へのコメント