積木くずし 穂積隆信

にほんブログ村 その他趣味ブログ 姓名判断へ
にほんブログ村


著書『積木崩し』で一世を風靡した俳優、穂積隆信さん(本名、鈴木隆信)(享年87歳)が、19日未明に胆のう癌のため亡くなりました。
昨年まで借金の返済を続けていたそうです。

 最期の時を迎えるまで、激動の人生を闘い続けていました。 非行に走った実娘・由香里さん(03年死亡 凶年35)を立ち直らせるまでの葛藤の日々を描いた著書『積木くずし~親と子の二百日戦争~』【1982年】約300万部の大ベストセラーに。印税収入は3億円とも言われていますが、同時に金銭トラブルも招いています。

 借金の完済がしない前に、脚光を浴びて程なく、自らの土地が勝手に売られるなどトラブルが続きます。
税金の不払い、非行相談所の設立などに関連して多額の負債を抱えるようにもなりました。
2012年の『積木くずし 最終章』には80歳を迎えても借金は完済せず、病に侵されても返済を続けていました。関係者は『まだ完済はしていない』と話す。金銭を巡る苦労は最期まで続いていました。

 『積木くずし』が人生を大きく変えたのです。 由香里さんの死後に会見し穂積さんは、『由香里を殺したのは自分の様な気がした。 本を書いたばっかりに早しにさせた』と号泣しました。 ベストセラーによって悪化した親子関係も無くなる前に改善し同居していただけに涙が止まりませんでした。 

 では、穂積隆信さんの名前を見てみる事にしますね。

     穂積隆信

穂積.png

苗字、天画『穂積』31画、1画系などで、1番になる運勢。見た感じは、わき役っぽい感じですが、何等かのトップ、リーダーになる。
著書『積木くずし』で一躍、脚光。
総画も51画、吉凶半ですが、これも1番。 一進一退の運命。 一度は、成功。名誉と財産を得ます。しかし、ジリ貧。

一番重要な時期、人画(内画)は27画。吉凶半。 頭脳明瞭、直感力も鋭い、才能に恵まれます。 しかし、以外や強情、頑固、孤立しやすい。中途挫折。上手くいきそうで、いかなっかた人生だったかもしれまんね。

外画は、24画、財画。やはり財に縁があります。交友関係者に資産家。金持ち、金融関係者。 24画は吉画ですが、逆に詐欺などの関係もある画数です。

上から運勢を見て行くと、晩年、地画(下から見て行く場合、初画に当たる苗字が晩年)20画、凶画。0画系の10画と同じ凶は大。
20画の意味は、夫婦の別居、一家離散、万事が円満に行かず。 一生平安でなく、厄難、不如意、逆境、ケガ,短命、苦難。

本名は、途中で、養子となり、苗字、鈴木となっていますが、この名前を使い続けました。

 まさに、この名前に、穂積隆信さんの全てが詰まっています。
一番を取る事。名誉そして財.。家族の崩壊。 晩年まで続く苦しみ。名前はその人を表していますね。

次に娘さん、穂積由香里さんの名前を見て見ますとね。 
 
この名前で35歳で死ぬとは思いません。 一番になる画数が4つもありますね。
子供の時から、腎臓が悪いと言っても、この名前で死ぬとは、考えられません。
芸能界を19歳ころデビューで芸名が『穂積由里』ですが、極端に悪くはないと思いますね。地画『,由里』12画凶画ですが、ここにあると、不死身、健康でタフの意味だそうです。

 不良時代、トルエンや覚せい剤で逮捕されているため、その影響かもしれませんね。 お酒はどうだったのでしょうかね。
いくら名前が良くても。不健康な生活ではだめです.。また 犯罪にからめば逮捕されます。 名前が良くてもダメです。

名前が他に途中どう変わったのでしょうかね。穂積由香里さんについて、情報があまり取れてませんので今の所、ちょっと判りません。


この記事へのコメント