仙台 警察官刺殺事件

にほんブログ村 その他趣味ブログ 姓名判断へ
にほんブログ村


9月19日未明 仙台市宮城野区の仙台東署東仙台交番で清野裕彰警部補(33)=巡査長から2階級特進=が刺殺されました。

容疑者と判明したのは、約650メートル離れた近隣に住む21歳の大学生だった。

県警によると、相沢容疑者は「現金を拾った」と交番を訪れ、交番内で清野巡査長と巡査部長が対応。巡査部長があ別の部屋に移動したところ、怒鳴り声と争うような音が聞こえたため戻ると、清野巡査長が血を流して倒れていた。
清野巡査長のそばに相沢容疑者も倒れていたが、刃物とモデルガンのようなものを持って立ち上がったため、巡査部長が「刃物を捨てろ」と警告し、相沢容疑者に向けて1発発砲。なお向かってきたため、さらに2発を発砲したという。

 清野巡査長と相沢容疑者は救急車で市内の病院に搬送されたが、いずれも死亡が確認された。

犯人は、学生、卒論や就職の事で、悩んでいた様ですね。
詳しいことは、他の記事に当たるとして、犯人も死亡してしまって、動機は、よく分からないみたいです。

    相澤悠太容疑者

相澤.png


相澤悠太容疑者(21)ですが、学生で、21歳と言う若さなので、まだ、最初の時期、天画(苗字、相澤)、または、地画(名,悠太)に居ると考えられます。 そうすると、悪くは、ありませんね。

外画も、13画吉画。対人、対外関係も悪くは、無いみたいですね。
知人友人は、学芸技能優れた人に恵まれる。

実際の彼は、性格はおとなしい。まあ、それなりに話は出来る。 摩擦や対立を起こすことは無かったようです。
それが、外画、13画、なのでしょうね。

結局、交番を襲った事が、命取りになったんでしょうが。
総画、40画、凶画。 0画系の大凶運数らしいです。
  
以外ですが、40画は、自己主張が強く、芸術などの特異な世界が良いそうです。
異性間のトラブルが絶えない。 何か,有ったんでしょうかね、
虚栄心が強く、自滅。 病弱、短命、孤独。  これでしょうか。

おとなしそうに見えますが、内心は、かなり強い性格のようですね。 これが、事件の引き金でしょうね。

 では、次に、刺殺された、清野裕彰巡査長(33)の名前を見てみましょう。
  
     清野裕彰巡査長

これを見ますと、苗字、天画、22画。 名、地画、26画共に凶画

33歳で、巡査長ですから、もう初期の頃は過ぎ、23画の人画(内画)に入っているでしょう。
とは言え、22画の挫折。孤立。 犯罪の加害者、被害者。

26画の大凶運数、叛乱の被害者、加害者。 死は、22画、26画の影響でしょうか。

外画25画、吉画。 気が強い、やや自信過剰気味、だが、責任感強い

総画は、48画、吉画。 才能のある人。頼りがいがある、有徳謙譲の人

やや時期がずれていますが、最初の悪い時期の影響が、あるかもしれません。

 おしまれますね。.... 

この記事へのコメント