アイアイ マダガスカル島

 小aiai.jpg
 アイアイ画像より
  
(^^♪  アイアイ (アイアイ) アイアイ (アイアイ) お猿さんだよ~   ♪

 皆さん、歌でおなじみの、マナガスカル島の、アイアイと言う奇妙な申(猿)を、ご存知でしょうか。 知っている人も、多くいると思います。

 この申は、この風貌から、悪魔の申だと恐れられ、姿を現すと、誰かが死ぬと、言われています。 事実、そういう事が、あるそうです。

 そして、姿を現したら、悲しい事に、殺されてしまいます。 
なぜ、なのでしょうか、  これを私なりに、考証して見たいと思います。

 人が死ぬのは、迷信だと言う人がいますが、私は、ちょっと考えが違います。
 
これは、現地の人の、経験から来る、一種の、占いだと思います。
心理学的には、シンクロシティ(共磁性)というのでしょうか。
 東洋の占いでは、外応 というのでしょうか。ちょっと、わかりませんが。

 では、なぜ、この猿のみ、人間の死 と関連があるのでしょうか。
若しかしたら、匂い(死臭)かも知れませんが。

そうでなければ、この風貌のため、たまたま、人の死と出くわしたため、悪魔が来たとして、殺されてしまったに、ちがいありません。この猿のみが。
 その都度、殺されてしまうのです。 猿を殺すことは、罪です。
他の猿と比べ、数が少ないのも、それが一つの原因だと思います。

数が少ないのも、人の死と強く結びつき、当たる用因だと、考えられます。

 ではです、この猿が、人を殺しているのでしょうか?  ちがいます!
こんな猿が、人を殺せる分け ありません。
逆です!!。 人が死ぬ運命に、有るからこの猿が来るんです。

 人が、この猿と人の死を結び付けたのだと、思います。

人が死ぬ、この猿が来る、この猿を殺す。 人が死ぬ、この猿が来る、この猿を殺す。
永遠と長い間、これを繰り替えしてきたのです。
 
そして、いつか、人の死と、この猿が来る と言う恐ろしい現象が、現実のものとなったのです。

 人間が、時空に、刷り込み、結び付けたのです。
愚かな人間が結び付けたのです。
五行において、時空は、エネルギーだという事です。

 とはいえ、猿を殺す事は罪です。
保護して、増やしていけば、当たる確率も減ってくるでしょう。
あくまでも、確率の問題です。

 この猿の、幸せを願います。 では、 ^^)