マスク不足から物資不足そして食料・水不足へ

 私は以前、将来には日本は食料や水不足になってくるのではないかと思って、このブログに書いてきました。
理由は、太陽活動の低下(黒点数の減少)によると言う事です。  巷では、新型ウイルスのまん延により、マスク不足が起きています。 
 
 2020年の東京オリンピックも中止になる可能性があると思っていました。日本の預言書、日月神示にも、そう書かれています。  現在は、延期となっていますが、今後どうなるでしょうかね。 かつて、東京オリンピックは戦前1940年開催予定でした。日中戦争の拡大により中止し、戦後1964年に開催されました。1945年(昭和20年)が終戦。
今回は、細菌戦争、ウィルス戦争です。日本はどうかと思いますが、世界は、まだまだこれからだと思います。 これも太陽活動低下(黒点減少)と思いますね。

 マスク不足も、少しずつ解消されては来ているみたいですけれでも、世界的では、色々まだまだでしょう。


          目次
   1.マスク不足から物不足へ
   2.物不足から食料・水不足へ
   3. 食料不足はマスク不足と同じ?
 1. マスク不足から物不足へ
中国武漢で発生した新型コロナウイルスが日本や世界に広がり、マスク不足が起こっています。お金があっても買えない状態です。 そのため、個人で手作りマスク作ったり、それを出品して売ったりしているようですが、その作る材料自体が品薄に成っているようです。 マスク以外に使う用途があるのに、そちら側も足りなくなってきています。
 
 コロナウイルス拡大によって、工場が止まり、人や物の流れ、流通が滞っています。やがて、何らかの物不足、値上がりがした来ると考えられますね。 今後少しずつ影響が出て来ると考えられます。
 
 2. 物不足から食料・水不足へ
 物が不足し、人の流れが止まって来ると、やがて食料生産が出来なくなってきます。バッタや害虫なども発生しているようですね。
日本の様に、外国に食料を頼っている国は将来危険になって来ます。今すぐにとは言いませんが、将来はそうなって来るでしょうね。 太陽活動低下(黒点減少)も食料不足に加担して来るでしょう。 以前から言っている様に、大都市は危ないです(今は、コロナで危険)。
 食料と並んで、飲料水だけでなく農産物を生産する水も重要です。ため池や井戸が今ではほとんどありません。(だからダムが必要)

今はコロナ対策で大変ですが、将来は食料問題が起こり、戦争(第3次世界大戦?)が起こるかもしれません。  大きな戦争でなくても、小競り合いは起きて来るでしょうね。 今から、それぞれ個人が出来る事を考えて置くべきでしょう。
ベランダや屋上、部屋の中でも、植物を育てるられる道具も開発されています。

日本は大量に食糧を輸入しています。特定の国から輸入され、米国、豪州、カナダで占められ、中国からも、ある程度輸入されています。
これらの国から輸入出来なくなると大変です。 取っ掛かりはどこからなのでしょうか。
実は、私の見立てでは、中国から問題が発生すると見ました。 今回の新型コロナウイルスやマスク問題の様にです。
マスクでこれだけ騒ぐのですから、食料が足りなくなれば、これはもう大変な事です。 残念ながら、食料不足が起こる可能性があります。

 3.食料不足はマスク不足と同じ?
 中国の武漢で新型コロナウイルス発生しましたが、当初、発生した事を隠遁(かくし)し、世界に拡大する前に、世界中のマスクなどの医療関連商品を買いあさっていました。 そのため、世界に拡大した時には、日本などマスク不足が発生してしまいました。

 しかし今後、このような事はマスクだけでは、ありません。 問題が起きそうな事を事前に予想し、情報を隠遁(かくし)その間に世界中に問題が起こる前に買いあさってしまえば、後から買おうとしても、なかなか手に入りません。 それが食料に及んだらどうなるでしょうか。日本はひとたまりもありません。

 中国の食料自給率は、大豆以外は100%近いですが、ギリギリのようです。中国は10億人以上いますから食料問題が起これば、世界中が大変なことになります。 特に日本は食料自給率が低いので、餓死者が出る可能性があります。先に買いあさってしまえば、日本は大変な事になります。 これが現実です。
私の一つの案ですが、食料税を食料品に掛けて、地方開発にお金を使い、人を都市から地方に移道させるべきです。兼業農家を増やすようにする。大規模農業は、バイオ燃料、プラスチックなど産業農業にする。いざとなったら食料にまわす。昔ながらの小中規模農業で食料調達すべきです。 世界中がそれをやり、地方再生とすべきです。


 

新型コロナウイルスは今後どうなるか

 中国の武漢で発生したと考えられる新型コㇿナウイルス、新型肺炎は、今や世界中に広がり、中国を中心として多くの感染者と、それに伴う死者を出しています。
 日本においても、1000人以上となり、まだまだ拡大する勢いです。 これについて、私なりに考えて行きたいと思いますね。


   いつ頃終息するか、あるいは終息し始めるか



一番重要な事ですね。新型コロナウィルスは、毎年冬に流行する風邪のウィルスの一種だと考えられます。武漢は寒いですが、湿度は高い様です。したがって、このウィルスは湿度には強そうです。コロナウィルスは暑さには、弱いそうですので、4月、5月には弱まって来ると考えます。 この3月をどう乗り切るかが重要です。夏のは終息すると考えられます。日本においてはです。

  治す薬はあるのか



風邪のウィルスに直接効く薬は無い見たいです。自分の免疫力、治癒力で治すしかないそうですね。とは言え、今後とも薬、ワクチンは考えていかなければなりません。 しかし今まで世にあった薬の中に効くのがあると見ます。事実、喘息の薬が効くみたいです。今後とも期待しましょう。

   個人がやれる対策は  



マスクをする事や、人がたくさん居る所は避けるでしょうか。 後、自分の免疫力を高めて置くことが重要です。ビタミンCが特に重要です。ビタミンD(ヨーグルトなど)ビタミンB群、乳酸菌などです。

   マスクは不要か



WHOは、必ずしも必要無いと言った居ますが、マスクはした方が良いと思います。飛沫感染を防ぐと共に、咳をした時に、周りに飛ばさ無い様に配慮が必要です。 その他重要な事は、マスクは喉や肺に入る空気を温める。喉の菌の増殖を抑える訳です。喉を温めるマフラーも良いかもしれません。 喉にカイロをして良かったと言う人も居ました。風邪をひいた時した様です。コロナウィルスは暑さに弱いと考えられます。私の見立てでは27度以上で活動が鈍くなると考えます。もちろん外溫です。風にも弱いそうです。 26度〜27度で死滅するとデマがあった様ですが、まあ、死滅はすぐにはしないでしょうが、まんざら間違いでは無いと思います。 後、潜伏期間は、私は40日と見ました。

   2020年の東京オリンピックは



東京に開催が決まった時から、中止もありうると私は思っていました。 かつて、1940年も東京で開催されようとしましたが、日中戦争の拡大より中止。1945年(昭和20年)に終戦です。2020年再びオリンピック。20の数字が2つの年です。20(20画)の数字は、日本にとって余り良い数字ではありません。 ちなみに、戦後の20代目の都知事が、初めての女性都知事。今後東京衰退の可能性もあるかもしれません。 したがって、東京オリンピック中止、あるいは延期(10月頃に)もありうると思いますね。
 1940年の幻の東京オリンピックを合わせるかのように、2020年にこのウイルスが現れました。単なるウイルスの病では無く、人類の業病(ごうびょう)でしょう。 容易には終息しないかもしれません。
 

   その後は



日本は高温多湿なので、温かくなれば終息してくると思います。 が、大量に拡大して来た中国はどうでしょうかね。国も広いし、人口も多い、田舎に行けば,衛生状態が悪い地域もあると思います。来年も降り返すかもしれません。
1940年から1945年終戦まで4,5年かかりました。ある意味今回は世界を巻き込んだ細菌戦、ウイルス戦争です。第2次世界大戦の後も、朝鮮戦争、ベトナム戦争でした。 世界の細菌戦はまだまだ続くかもしれません。、
 これによって、世界の経済がダメになる事は無いでしょうが、世界の経済の環境は変化していく事は確実ですね。予言などもありますね。

      まとめ



●4月、5月暑くなってくれば、日本では、終息し始める(あくまでも可能性)。
●マスク、マフラー、カイロなどして、喉,肺を守る。
●ビタミンⅭ錠剤などを取って、免疫力を高めて置く。
●潜伏期間は40日 気温は27度以上で活動鈍く 
●東京オリンピックは、戦前と同じ様に中止、あるいは延期の可能性。 開かれても、完璧にはならない。

 もっと詳しい事は、他を当たってくれれば良いと思いますので、私が発表出来るのは、こんなものです。